夏の終わり

2008-08-26 22:23

夏陰~なつかげ~



言葉が いま詰まってしまったら
ぼくらの夏は ここで終わってしまいそう
上手に笑えてる自信なんか
あるわけないのに……でも笑った

踏みつぶしたカカトを はきなおしたら
ため息をぐっと飲み込んで 歩きだそう

夕暮れを抜けていく風は 秋のにおいを含んでる
ずっと今日と同じ日々が 願わなくても 続くと思ってた

開けっ放しの窓の向こう側で
ゆがんだサイレンのおとがしている
どれくらいの速度で いま
未来に向かって歩いてるんだろう?

ぼくらが生きていく理由なんて
きっとちっぽけな答えしかないって気がするんだ

ねえ もしかなうなら どんな願いをひとつ選ぶと思う?
ずっと思いめぐらしていたら 足元までもう夜が来ていた

あの日 スタートの合図で 走り出してしまったぼくらに
いまさら もう わざとらしいゴールなんかなくてもいい
もしかなうなら どんな願いをひとつ選ぶと思う?
ずっと思いめぐらしていたら 足元までもう夜が来ていた



なつかげ


written by スガ シカオ







この歌
何度聞いても ナミダが溢れちゃいそう

この苦しみと絶望が交わる季節で
このmelodyを
自分に
プレゼントを差し上げましょう


留言:

    发表留言

    (留言:編集・删除に必要)
    (只对管理员显示)

    引用:

    この記事の引用 URL
    http://silverholic.blog124.fc2blog.us/tb.php/51-26b51f59
    この記事への引用:


    最新の文章